TWS HOMEBLOG > TWS MOTORSPORT

BLOG

皆様、こんにちは!
先週末12月8日、富士スピードウェイにてVITZドリームカップ2013が行われました!
VITZワンメイクでの、6時間耐久レースです!

この6時間耐久レースでは、弊社ホイールを装着していただいてる車両も多数エントリーしておられました
その中でも今回は、チーム「OTG48」からエントリーした4台、126号車・127号車・128号車・129号車へ密着取材してまいりました。
126号車(NCP131クラス)
T66-F装着
濱監督
浦川選手、佐藤選手、茂古沼選手

127号車(NCP131クラス)
T66-F装着
中山監督
吉田選手、中鳥選手、山口選手、黒石選手

128号車(NCP91クラス)
S05(昨年モデル)装着
吉田監督
寺野選手、野村選手、橋田選手

129号車(NCP91クラス)
S05(昨年モデル)装着
永瀬監督
酒井選手、松本選手、藤原選手

NCP91の2台のドライバーは、全員、4輪レース初参戦とのこと!
みなさん、とーっても緊張しておられました
スターティンググリッドは各Aドライバーの予選タイムで決まります。
4台の位置は、まんなか~ちょい後方あたり。
しかし、レースは6時間。グリッドの順番はさほど重要ではございません!
事故・トラブルなく、いかに燃費を考えつつ(=給油ピットインを少なく)コンスタントに速く走るか…が重要なんですね。
さぁフォーメーションラップ~ローリングスタートで決勝レースがスタート…した1周目、


いきなりアクシデント発生
126号車がなかなかコントロールライン通過してこない
右リヤに突っ込まれてしまったようで、フェンダーとタイヤが干渉しているもよう!
緊急ピットインです。
応急処置をしてコースへ復帰しますが、数ラップダウンしてしまいます↓

さて、この耐久レース、給油をともなうピットイン時には最低7分ストップの義務があり、
例えば7分以内で作業が終わった場合、時間がくるまでその場でステイしなくてはいけません。
(トラブルさえなければ)どんなに早く作業が終わったとしても、どの車両も給油ピットでロスするタイムは同じということですね。
各チーム、それぞれの作戦でタイミングを計算して、車をピットインさせます!

さぁ続々と給油やタイヤ交換・ドライバー交代に車両がピットインしてきます。
レース初経験のドライバーさんも、乗る直前は緊張でソワソワ落ち着かない様子でしたが、
ばっちり!ドライバー交代完了

今回、チーム唯一の女性ドライバーもずいぶん緊張されてましたが、
アクシデントもなく、走行もNICEなタイムでした
126号車の緊急ピットイン以降は全車順調に走行を続けていますが、、
127号車にアクシデント発生。
無線(=イヤホンを付けた携帯電話での通話!)で確認し、こちらも緊急ピットイン!

応急処置をしてコース復帰!

そして、
長~い6時間が経ち。
(プチクラッシュは多々ありましたが大きな事故もなく、
PM4:00、無事、レース終了!
「OTG48」の4台は全車完走!!
さらに!129号車は、NCP91クラス6位で入賞でした★
今回は、フォーミュラ経験のあるドライバーさんやVITZレースのベテランドライバーさんから、
富士スピードウェイ初走行&初レースのドライバーさんまで、
様々な経験値のドライバーさんがいらっしゃった中、
みんなであーでもないこーでもない、と作戦を考えて、全員が本当に楽しそうな顔でレースしておられました!!
みんなで楽しくモータースポーツできるって素晴らしいですね。
みなさま、本当にお疲れ様でした!

今年も9月3日(火)~7日(土)迄、エコパ(小笠山総合運動公園・静岡県)で開催された、第11回全日本学生フォーミュラ大会に行ってきました。
公式サイト http://www.jsae.or.jp/formula/jp/
ここにも TWS MOTORSPORT WHEELを装着した車輌がエントリーしています。

総合7位を獲得した、日本自動車大学校Formula Factory NATSのエントリー車輌

加速性能賞1位を獲得した、東海大学Tokai Formula Club 2013のエントリー車輌

プレゼンテーション賞1位を獲得した、茨城大学Formula-SAEのエントリー車輌

上記3校を含むエントリーされた計78校の関係者の皆さん、大変お疲れさまでした。
また、来年にお会い出来るのを楽しみにしています。

SUPER GT 2013に続いて、「SUPER FORMULA 2013」も4月13日 鈴鹿サーキットにて開幕致しました。
昨年に引き続き、「P.MU/CERUMO・INGING」様に、TWS MOTORSPORT WHEELを供給しております。

ドライバーは昨年に引き続き

NO.38 平手康平選手(左側)とNO.39 国本雄資選手(右側)のイケメン2人(相変わらずの大人気です)
予選の様子は…

ピットウォークとは違う表情で、モニターを見つめる2人。その2人に立川祐路監督より指示が飛びます。

車輌カラーリングと山口美羽ちゃんが一新となった、CERUMO・INGINGの今シーズンの活躍に期待しています。
INGING公式HP

今年も、9月3日~7日 静岡県 小笠山総合運動公園(エコパ)で開催された、第10回全日本学生フォーミュラ大会に行ってきました。
公式サイト  http://www.jsae.or.jp/formula/jp/
ここにも、TWS MOTORSPORT WHEELを装着した、車輌がエントリーしています。
CIMG3264.jpg
CIMG3254.jpg
茨城大学Ibaraki University Racingのエントリー車輌
CIMG3255.jpg
東海大学Tokai Formula Clubピットの様子
CIMG3251.jpg
金沢工業大学 夢工房のエントリー車輌
CIMG3271.jpg
エントリーされた皆さん、大変お疲れさまでした。
また、来年もお会いしましょう。

スーパー耐久シリーズ、SUPER GTに続いて、4月14日、鈴鹿にて「Formula NIPPON」も開幕しました。
今シーズンより、「Project μ/cerumo・INGING」様にTWS Racing Wheelを供給しています。
YO3_2008.jpg
YOX_4495b.jpg
今季より2台体制になった同チームのドライバーはこちら
CIMG2974.jpg
NO.38 平手晃平選手(左)、NO.39 国本雄資選手(右)の若武者2人(ピットウォークでは、笑顔でサインに応じていました)
ちょっと予選の様子を覗いてみましょう。
CIMG2980.jpg
CIMG2990.jpg
先程の笑顔とは、打って変わって、緊張した面持ちでした。
CIMG3000.jpg
CIMG2964.jpg
立川祐路監督&山口美羽ちゃん(監督代行?)率いる、cerumo/INGINGの、今シーズンの活躍を期待しています。

平成24年1月22日(日)、富士スピードウェイにて開催された模様をアップします。
CIMG2674.jpg
2011年度プロジェクトメンバーによる、プレゼンテーション、沢山の関係者が来場されました。
CIMG2699.jpg
CIMG2724.jpg
CIMG2726.jpg
CIMG2728.jpg
フリー走行&タイヤ交換デモンストレーションの様子。本番さながらの緊張感が、漂っていました。
弊社は2008年度より製品供給を行いましたが、軽量化&24時間耐久走行という使命に、同学と共にチャレンジを行いました。
CIMG2697.jpg
2008年使用モデル
CIMG2696.jpg
2011年使用モデル
CIMG2743.jpg
左よりドライバーの密山選手、横溝選手、東海大学 林教授
CIMG2742.jpg
関係者全員での記念撮影
同プロジェクトは2001年より発足し、今回で終了との事。誠に残念な気がしますが、林教授より、新しいプロジェクトの構想が発表されました。
また、今プロジェクトに携わった、学生諸君は、他では体験出来ない、貴重な経験をされたと思います。
社会人になっても、「TWS製品」のご愛顧を宜しくお願いします。

皆さん、こんにちは!
更新が、遅れましたが、11月12日(土)、富士スピードウェイで開催された、「NETZ CUP VITZ RACE 2011 グランドファイナル」の模様をレポートします。
CIMG2541.jpg
前日の11日は、どしゃぶりの雨。この日の早朝も、路面に雨が残っていましたが、沢山のお客さんが来場していました。
CIMG2563.jpg
前日の予備予選から勝ち上がった車輌も合わせ、合計45台の90系VITZ(フルグリット)。
弊社製品「S-05」ユーザー様を一部、紹介します。
CIMG2566.jpg
予選3位から、見事、日本一に輝いた、「ネッツトヨタ仙台ヴィッツ」の小山選手(おめでとうございます)
CIMG2570.jpg
「TEAM Midress」の伊藤選手
CIMG2573.jpg
CIMG2577.jpg
そして、我が「OTGグループ」VITZ、126号車 浦川選手、127号車 山口選手
CIMG2571.jpg
CIMG2574.jpg
CIMG2575.jpg
その他、多数の選手に装着いただきました。(ご愛顧、有難うございます)
出場された選手の皆さん、大会関係者の皆さん、大変お疲れさまでした。
来年から、NETZ CUP VITZ RACEは、130系VITZに変更となり、装いが新たになります。
弊社でも、来年に向け「S-05」を超える、新製品を現在開発中です。
是非、期待してください。
NETZ CUP VITZ RACE公式ホームページ
 http://netz.jp/netzcup/

皆様こんにちは!
今回は、先週末に富士スピードウェイにて開催されました、
JAF グランプリ FUJI SPRINT CUPの画像UPです
SUPER GT今年最後のレースのこのFUJI SPRINT CUP!
今シーズンTWSホイール装着いただいていた4台のマシンをご紹介いたします
まずはGT500クラス
KEIHIN REAL RACING #17 KEIHIN HSV-010
DRIVER:金石年弘選手/塚越広大選手
CIMG2586.jpg
CIMG2584.jpg
DSC01318.jpg
DSC00041.jpg
こちらの17号車、今シーズンは3度の表彰台、ドライバーズポイントランキングでは4位という好成績を残されました。
そして今回のスプリントカップでは第2レースで見事、金石年弘選手が3位表彰台となりました!
おめでとうございます!
LEXUS TEAM ZENT CERUMO #38 ZENT CERUMO SC430
DRIVER:立川裕路選手/平手晃平選手
DSC01313.jpg
DSC01314.jpg
CIMG2543.jpg
DSC00340.jpg
こちらの38号車はシリーズ第6戦で、ここFUJI SPEEDWAYにて優勝を飾られましたね[emoji:i-197]
AUTOBACS RACING TEAM AGURI #8 ARTA HSV-010
DRIVER:武藤英紀選手/小林崇志選手
DSC01302.jpg
DSC01291.jpg
DSC01296.jpg
DSC00366.jpg
GT300クラス
A speed #66 triple a Vantage GT2
DRIVER:吉本大樹選手/星野一樹選手
DSC01254.jpg
DSC00283.jpg
DSC01256.jpg
DSC01538.jpg
こちらの66号車は第2レース予選で、TWSのS耐IS350のドライバーでもある吉本大樹選手が2位!
しかし決勝直前、まさかのマシントラブルでグリッドに着けず。。。
我々はもちろん吉本選手の優勝を期待していたのですが、今回は不運な結果となり、本当に残念です[emoji:i-181]
全レースのリザルト&レポートは、SUPER GT公式ページ(SUPER GT.NET)をご覧下さいませ!

CIMG2336.jpg
静岡県 小笠山総合運動公園(エコパ)で開催された、全日本学生フォーミュラ大会にも、TWSホイールが一躍を担いました。
公式サイト  http://www.jsae.or.jp/formula/jp/
CIMG2343.jpg
CIMG2340.jpg
CIMG2345.jpg
東海大学Tokai Formula Clubのエントリー車輌(ユニフォームが決まってる~)
CIMG2366.jpg
CIMG2337.jpg
金沢工業大学 夢考房のエントリー車輌(エンデュランスが残念でした)
エントリーされた学校関係者、大会関係者の皆さん、暑い中、大変お疲れさまでした。
また来年もお会いできるのを楽しみにしています。

プロドライブモータースポーツ (本社:イギリス、会長:デイヴィッド・リチャーズ)と株式会社Tan-ei-sya Wheel Supply(本社:富山県射水市、代表取締役社長:横山昭一郎)はこのたび、プロドライブモータースポーツのレースチームであるアストンマーチンレーシング(以下AMR)のル・マンLMP1用ホイール公式サプライヤー契約を締結しました。
本契約をうけて、弊社は2012年12月末まで、AMRおよびAMRパートナーチームに対し、マグネシウムホイールの供給を行います。
初回のレースは、4月にフランスのポールリカールサーキットで行われる6時間耐久レースとなります。
皆様方には、AMRならびに弊社に対し一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
【プロドライブ】
プロドライブは世界を牽引するモータースポーツ企業です。
同社はイギリスで1984年に設立し、以後25年以上に渡り、アストンマーチン、スバル、フォード、ポルシェ、ホンダ、BMWのレースカーやラリーカー製造を行い、多くのレースでタイトルを勝ち取ってきました。
【アストンマーチンレーシング】
AMRは、90年間以上に渡るスポーツカー製造の伝統を持つアストンマーチンとプロドライブとの共同事業です。
本チームは2004年に、世界中のイベントや選手権で戦うスポーツカーの設計、製造、競走を目的として創設され、以降GTやル・マンシリーズに参戦しています。2009年にはLMP1カテゴリーで優勝しました。
参考リンク:
プロドライブ(英語) http://www.prodrive.com/
アストンマーチンレーシング(英語) http://www.astonmartinracing.com/
aston_race_wheel_002_final.jpg
・LMP1用ホイール
サイズ: 18 x 14.5J
amr1
AMR2.jpg

PAGE
TOP

SOCIAL

  • インスタグラム
  • Facebook
  • Youtube

FACTORY

Tan-ei-sya

PARTNER

  • Aston Martin Racing - The Official Site
  • LMcorsa

COPYRIGHT © TWS ALL RIGHTS RESERVED.