SUPER耐久レース2013 第5戦 岡山国際サーキット 

皆様こんにちは!
8/31-9-1に岡山県・岡山国際サーキットにて、
スーパー耐久レース2013 第5戦 3時間耐久レースが行われました。
今回は、
弊社ホイールTWS Motorsport T66-F装着の
#80 TWS PETRONAS GS350の参戦レポートをお届けします。

今回の岡山は、優勝すれば早くも#80のST3クラスシリーズチャンピオンが確定する1戦。
目指すはもちろん優勝!
この週末は台風15号が近づいてきており、天気がとっても心配なところ。
金曜には台風は熱帯低気圧に変わりましたが、発達した前線は日曜頃に岡山へのびてくるとのこと。

土曜日、ドライで行われた予選の結果はクラス4位。
総合15番グリッドから、吉本選手でスタートです。
開始早々降り出した大雨の為、セーフティーカーが入り、、
ここで佐藤選手へドライバー交代、2回のピットストップのうち1回を早々に済ませます。
順調に周回を重ね、1時間半ほど経過の頃に最後のピットストップ、脇阪選手へと交代。
この時点で我々はクラス2位。
まだもう1回のピットストップ義務を残すクラストップの#34とは微妙で…
差を縮めたいところなのですが、#34は速くて差は広がっていきます
と、ラスト30分を切った頃にまたもやセーフティカー導入。
このセーフティーカーランの間に#34はピットイン、
最後まで追いつくことはかなわず、#80は2位でチェッカー!
この結果により、次戦以降であと1ポイントでも獲ればシリーズチャンピオン確定という計算!
ホームサーキットのここで決めたい!という気持ちはあったので今回は悔しい結果ではありましたが、
お楽しみは次回にということで
第6戦、鈴鹿ラウンドへ続く